• 会社情報
  • 会社概要
  • 沿革
  • 事業所案内

沿革

昭和45年 6月
川崎陸送(株)の小型車輌部門を分離し、東京都江東区越中島に「川崎小型輸送株式会社」として、資本金3,600万円にて発足。
昭和46年 5月
「川崎輸送株式会社」に商号変更し、大型車輌部門に進出。また損害保険代理店業と自動車および保管・荷役用器具類の賃貸事業に進出。
昭和49年 10月
第三者割当(割当先:明治製菓(株))により900万円増資、新資本金4,500万円となる。
昭和51年 10月
「都輸送株式会社」に商号変更。
昭和52年 4月
本社を東京都港区新橋に移転。
平成元年 3月
小田原市鴨宮に「薬品小田原営業所」を開設して、川崎陸送(株)より明治製菓(株)の東日本地域の医薬品物流業務を継承。
  4月
損害保険代理店業から撤退。
平成12年 9月
小田原市清水新田に「穴部営業所」を開設。薬品小田原営業所を「小田原営業所」に改称。
平成13年 4月
明治製菓(株)から医薬品物流業務の一括元請業者の指定を受ける。西日本地域を担当する事業所として、大阪市西淀川区に「淀川営業所」を開設。
平成14年 3月
川崎陸送(株)より穴部営業所の倉庫建物・施設一式を譲受、「普通倉庫業」進出。
  11月
穴部営業所のB棟定温・電動ラック倉庫が竣工。
  12月
資本金の倍額増資を実施。新資本金9,000万円となる。
平成15年 4月
京都府久世郡久御山町に「関西営業所」を開設。
平成16年 5月
関西営業所が淀川営業所を統合して、西日本地域の新たな物流拠点となる。
平成17年 1月
目黒化工(現 クオリテックファーマ)(株)静岡工場の物流元請業者となり、静岡県掛川市に「掛川営業所」を開設。
  10月
明治製菓(株)から医薬品の受注業務が全面移管され、「薬品受注センター」を開設。
平成18年 3月
小田原営業所・関西営業所にてグリーン経営認証取得。
平成19年 6月
資本構成の変更を行い、明治製菓(株)が筆頭株主となる。
  10月
明治製菓(株)から西日本の食品・健康食品物流を受託する。
平成20年 1月
関西営業所にて安全性優良事業所の認定を受ける。
  11月
本社を神奈川県小田原市に移転。
平成21年 12月
小田原営業所にて安全性優良事業所の認定を受ける。
平成23年 4月
明治製菓(株)の事業再編に伴い、Meiji Seika ファルマ(株)が筆頭株主となり、Meiji Seika ファルマ(株)、(株)明治と新たに業務提携。
平成27年 11月
関西営業所久御山倉庫にて大蔵製薬(株)の製造業倉庫の運用開始。
平成28年 9月
関西営業所にて京都第二倉庫の運用開始。
平成29年 7月
Meiji Seika ファルマ(株)神奈川物流センターの新設に伴い、小田原営業所・小田原受注センターを同物流センター内へ移転し運用開始。
平成29年 9月
Meファルマ(株)から全国の医薬品物流を受託する。
平成29年 9月
クオリテックファーマ(株)静岡工場の外部倉庫の運用開始。